Rhinoceros – Grasshopper – ARCHICAD Connections

Rhinoceros – Grasshopper – ARCHICAD Connectionsは単なる相互運用性パッケージではありません。日建設計とGRAPHISOFTの戦略的パートナーシップから生まれた、設計プロセスにおける初期段階のデザインと、ビルディング・インフォメーション・モデリングの間のギャップを埋めるソリューションです。モデル形状のシームレスな双方向の連携に加え、基本的な幾何学形状をBIM要素に変換し、アルゴリズムを使用した編集機能を提供します。

Grasshopper — ARCHICAD Live Connection

ARCHICADのBIM要素をGrasshopperから作成および編集

アルゴリズムデザインについて、簡単に
Grasshopper — ARCHICAD Live Connection

このツールは、GrasshopperのビジュアルスクリプティングでBIM要素を作成または編集するために、Rhinoceros/GrasshopperおよびARCHICADの直接的なコミュニケーションを可能にします。ARCHICADまたはRhinoceros/Grasshopperをベースに仕事を進めている設計者にとって強力なソリューションです。双方向の“Live” 連携の特徴により、さまざまなワークフローを可能にし、さまざまなシーンで活用できます。 主にRhinoceros/Grasshopperのツールセットにより設計が進められているプロジェクトでは、Grasshopper – ARCHICAD Live Connectionを活用して、アルゴリズムを使用した編集の可能性を維持しながら、デザインをBIMモデルへ変換できます。他のケースでは、プロジェクトのフェーズに関わらず、Rhinoceros/Grasshopperで進行中のBIMプロジェクトを、アルゴリズムを使用した編集機能および自由形状のモデリング環境でサポートできます。この場合、ARCHICADのモデルをRhinoceros/Grasshopperでデザインする建物部分の環境として直接利用できます。

ARCHICAD、RhinocerosおよびGrasshopperの連携をご覧ください

ARCHICAD、RhinocerosおよびGrasshopperのリアルタイムな双方向の連携ワークフローを体感するには、実際のワークフローシナリオを再現したムービーをご覧ください!

自由形状のルーバーを作成

このビデオクリップでは、Rhinoceros、GrasshopperおよびARCHICADを使用して自由形状のルーバーを作成する方法を紹介します。

パラメトリックなタワーを作成

このワークフロービデオでは、Rhinoceros、GrasshopperおよびARCHICADを使用してパラメトリックなタワーを作成する方法を紹介します。

三角形分割された表面をARCHICADのモルフツールで作成

このワークフロービデオでは、Rhinocerosで作成した自由形状の表面を、Rhinoceros、GrasshopperおよびARCHICADを使用してARCHICADのモルフ要素に変換する方法を紹介します。

Rhinoceros Import/Export Add-ons

Rhinocerosのネイティブファイル形式を使ったファイル交換

Rhinocerosのネイティブファイル形式(.3dm)を使用して、ARCHICADとRhinocerosの間でモデルを双方向にエクスポート・インポートする「参照モデルワークフロー」を実現できます。

Rhino Exportにより、ARCHICADで作成されたモデル形状を、効率よくRhinocerosに渡すことが可能です。モデル転送の目的に最適な様々な標準的なモデル表現方法から選択できます。

Rhino Importにより、Rhinocerosで作成されたモデルをARCHICADに渡すことが可能です。インポートされたモデルでは、Rhinocerosモデルの構成ロジックが維持され、GDLオブジェクトとして表示されます。

Rhinoceros — GDL Converter

RhinocerosでネイティブGDLオブジェクトを作成

このツールを使って、Rhinocerosモデルの選択された部分をARCHICADのネイティブオブジェクトファイル形式(.gsmまたは.lcf)で保存することができます。モデルの複雑さおよびそれをARCHICADで使用する目的によって、Rhinocerosから単一オブジェクト(.gsm)を作成するか、複数のオブジェクトを含むライブラリコンテナファイル(.lcf)を作成するか選択できます。

「単一オブジェクトインポート」ワークフローは、小規模の単一オブジェクト、もしくは単一オブジェクトのグループを.gsm形式でARCHICADにインポートする際に推奨します。

「複雑な構造インポート」ワークフローは、大規模で複雑なRhinocerosモデルを、ARCHICADの.lcf形式(ライブラリコンテナファイル)を使用して、単一オブジェクトのセットとしてARCHICADにインポート、またはアップデートする際に推奨します。

RhinocerosモデルをARCHICADのネイティブオブジェクトファイル形式(.gsmまたは.lcf)を使ってARCHICADにインポートする方法については、以下のムービーをご覧ください。

単一オブジェクトインポート

このビデオクリップは、Rhinocerosで作成されたモデルを、小規模な単一オブジェクトまたは単一オブジェクトのグループとしてARCHICADにインポートする方法を紹介します。

複雑な構造インポート

大規模で複雑なRhinocerosモデルを、ARCHICADの.lcf形式(ライブラリーコンテナーファイル)を使用して、単一オブジェクトのセットとしてARCHICADにインポート、またはアップデートする方法を紹介します。