FM

BIMの活用範囲が広がりつつあるなか、BIMのデータベースをファシリティマネジメントと連携させることによりBIMのメリットをさらに生かせます。

OPEN BIMパートナー

archifm

archifm.net
 

「archifm.net」は、エリア管理、資産管理、テナント管理、突発メンテナンス、定期メンテナンス、レポートなど一般的なCAFM/CMMS(コンピューター支援ファシリティマネジメント/設備維持保全管理システム)に関するすべての機能が含まれています。 「archifm.net」は、クラウドに対応したWebアプリケーションのため、ソフトウェアやハードウェアの環境構築や管理上の負担をかけずに、ただちにファシリティマネジメント業務にご利用いただくことができます。また、自社環境に導入することも可能です。

archifm.net製品サイト

finewebs

施設情報管理システム『FINE-WEBS』
 

株式会社FMシステムは、ARCHICADとBIM-FM連携を目指したソリューションをご紹介します。ARCHICADデータのオブジェクトに付与されたプロパティ情報を利用して、FMに必要な基礎情報のデータベースを構築できます。これにより、設計~施工からFMに至るまでBIMデータを活用できます。施設情報管理システム『FINE-WEBS』は、BIMモデルをベースにして施設情報を運用・管理できるので、施設の状況を的確に把握でき、企業資産の有効活用を強力にサポートします

施設情報管理システム『FINE-WEBS』製品サイト

fmrefine

長期修繕計画システム『FM-Refine』
 

長期修繕計画システム『FM-Refine』は、建物の修繕・更新費を各年度で算出し、予防保全や長寿命化の検討に利用できます。

長期修繕計画システム『FM-Refine』製品サイト