設備

設備のワークフロー

設備設計者が作成したモデルを参照モデルとしてARCHICAD内に配置し、設備モデルの位置を確認しながらスムーズに意匠モデル作成を進めることが可能です。

OPEN BIMパートナー

CADEWA Real

CADEWA Real
 

「CADEWA Real」は、2次元と3次元のリアルタイム双方向連動(特許出願済) を搭載しており、「平面」「正面」「側面」「3次元CG」どの切り口からでも部材の編集や確認を行う事ができます。 3次元CGは、「判りやすさ」「気づき」を促し、取り合い精度の向上、打合せのスピードアップ、発注者と受注者の合意形成の促進に効果を発揮します。CADEWAシリーズは、これからもお客様からのご要望と業界全体のニーズをとらえ、最新の技術で建築設備業務をトータルサポートいたします。

CADEWA Real製品サイト

CADWe'll Tfas

CADWe'll Tfas
 

CADWe'll Tfas は直感的でわかりやすい操作性、高精度のデータ互換性を備え、 さまざまな局面で快適な作図環境を提供します。64ビット化による大規模物件・大容量図面の入出力、 2D図面の編集内容のリアルタイム3D反映、断面・3Dでの階高立ち上げ表示など、 より質の高い作図環境を実現しています。 CADWe'll Tfasの優れた性能と快適な作図環境は、 業務のパフォーマンスを飛躍的に高め、設備図面作成業務をしっかりとサポートします。

株式会社ダイテック製品サイト

Rebro

Rebro
 

レブロは、直感的な操作で簡単に3Dモデルを作成する設備CADです。 配管・ダクト・ラックは、基準フロアを指定しての作図が可能で、機器・器具も含めた建物全体の3次元モデリングをすることができ、高精度の干渉検査に対応しました。 レブロの設備モデルは、関連する平断面・CGすべてのデータが連動しており、修正が加えられると瞬時に変更が反映されます。レブロは、最先端のBIM現場で実稼働し、着実に成果を上げています。

Rebro製品サイト