設備

設備設計者が作成したモデルを参照モデルとしてARCHICAD内に配置し、設備モデルの位置を確認しながらスムーズに意匠モデル作成を進めることが可能です。ワークフロー詳細はPDFをダウンロードしてご参照ください。

OPEN BIMパートナー

CADEWA Real 連携:IFC 株式会社富士通システムズ・ウエスト

CADEWA Real

「CADEWA Real」は、2次元と3次元のリアルタイム双方向連動(特許出願済) を搭載しており、「平面」「正面」「側面」「3次元CG」どの切り口からでも部材の編集や確認を行う事ができます。 3次元CGは、「判りやすさ」「気づき」を促し、取り合い精度の向上、打合せのスピードアップ、発注者と受注者の合意形成の促進に効果を発揮します。CADEWAシリーズは、これからもお客様からのご要望と業界全体のニーズをとらえ、最新の技術で建築設備業務をトータルサポートいたします。

ARCHICADとの連携について

「CADEWA Real」は、「ArchiCAD」から出力された建築データをフロア単位にシートを分けた状態で読み込みます。シートをON/OFFすることでフロア単位での表示制御を行い、リアルタイム3次元CGでの確認を行いながら、設備(電気・空調・衛生)を作画できます。干渉チェック機能などを用いて総合調整を行うことにより、より早く、より精度の高い設備図面の作成・編集が可能となります。また「CADEWA Real」から出力する設備データを「ArchiCAD」で読込むことで、建築技術者・設備技術者の意思疎通をより正確に、よりスムーズに実現します。

CADEWA Real製品サイト

CADWe'll Tfas 連携:IFC 株式会社ダイテック

CADWe'll Tfas

CADWe'll Tfas は直感的でわかりやすい操作性、高精度のデータ互換性を備え、 さまざまな局面で快適な作図環境を提供します。64ビット化による大規模物件・大容量図面の入出力、 2D図面の編集内容のリアルタイム3D反映、断面・3Dでの階高立ち上げ表示など、 より質の高い作図環境を実現しています。 CADWe'll Tfasの優れた性能と快適な作図環境は、 業務のパフォーマンスを飛躍的に高め、設備図面作成業務をしっかりとサポートします。

ARCHICADとの連携について

建築IFCデータ・設備IFCデータの読込みができ、建築躯体データを再入力する手間なく、設備図面の作成ができます。 また、作成した設備データはIFCや3D DWG/DXFに出力できます。 建築CAD-設備CAD間の「BIM連携」で3次元総合図を作成し、建物全体の完成イメージを共有することができます。

株式会社ダイテック製品サイト

Rebro 連携:IFC 株式会社NYKシステムズ

Rebro

レブロは、直感的な操作で簡単に3Dモデルを作成する設備CADです。 配管・ダクト・ラックは、基準フロアを指定しての作図が可能で、機器・器具も含めた建物全体の3次元モデリングをすることができ、高精度の干渉検査に対応しました。 レブロの設備モデルは、関連する平断面・CGすべてのデータが連動しており、修正が加えられると瞬時に変更が反映されます。レブロは、最先端のBIM現場で実稼働し、着実に成果を上げています。

ARCHICADとの連携について

[インポート]
IFCファイルの通り芯やフロア情報を取り込み、柱・梁・壁・床・天井などはレブロの建築要素に変換します。H鋼の梁は、ArchiCADの鉄骨断面形状の文字列を参照して自動変換しています。 [エクスポート]
配管やダクト、ケーブルラック、機器の形状や属性情報をIFCファイルで書き出すことができ保全への連携が始まっています。また、各要素にフロア情報を保存しており、ArchiCADの同名のフロアに設備データを取り込むことが可能です。

Rebro製品サイト