ARCHICAD アドオン

ST-Bridge Importer for ARCHICAD

ST-Bridge Converter for ARCHICAD

「ST-Bridge Converter for ARCHICAD」は、日本国内の建築構造分野での情報交換のための標準フォーマットであるST-BridgeファイルをARCHICADにインポート及びARCHICADからエクスポートするためのアドオンソフトです。

ST-Bridge Converter for ARCHICAD詳細>>

Rhino_GH

Rhinoceros – Grasshopper – ARCHICAD Connections

モデル形状のシームレスな双方向の連携に加え、基本的な幾何学形状をBIM要素に変換し、アルゴリズムを使用した編集機能を提供します。

Rhinoceros – Grasshopper – ARCHICAD Connections詳細>>

SS3

SS3 Converter for ARCHICAD

「SS3 Converter for ARCHICAD」はARCHICADで作成したBIMモデルを一貫構造計算ソフトウェア Super Build / SS3にエクスポートするためのアドオンソフトです。

SS3 Converter for ARCHICAD詳細>>

Google Earth

Google Earth Connection

ARCHICAD、Google Earth、Google 3D Warehouse間のシームレスな統合が可能になります。

Google Earth Connectionの詳細>>

IFC

IFCダウンロード

IFC (Industry Foundation Classes) の標準によって、ARCHICADの建物モデルを構造・設備・解析等のソフトウェアとデータの連携が可能になります。

IFCダウンロード詳細>>

Shadow Planner

日影規制チェックツール Shadow Planner

『Shadow Planner』は、プランニング時における日影規制のチェックを行うための、ARCHICADのアドオンソフトウエアです。

Shadow Plannerの詳細≫

※『Shadow Planner』は生活産業研究所株式会社が提供する、無償版のARCHICADアドオンソフトウエアです。

ADSコンバーター

ADSコンバーター

作成したデータを ADS-Familyに変換(コンバート)し、各種計算・天空率シミュレーション等をスムーズに行うことができます。

ADSコンバーターの詳細>>

※ ADS-Familyは生活産業研究所株式会社が提供する製品です。

求積ツール Light for ARCHICAD

求積ツール Light for ARCHICAD

設計業務の中で大きなウェイトを占めていた求積作業を効率化する ARCHICADのアドオンシステム(windows専用)で、入力済の3D建物モデルや2D図面から、簡単な操作で面積計算を効率的に行うことができるツールです

求積ツール Light for ARCHICADの詳細>>

※求積ツールは生活産業研究所株式会社が提供する製品です。

Google Earth

Cinema4D アドオン

自由形状の作成に

Cinema4Dアドオン 詳細≫

※「Cinema4D」はマクソンコンピュータの商品です。

Artlantis

Artlantis アドオンアップデート

通常ArchiCAD18 / ArchiCAD18 Soloでは、既にArtlantis 5(Studio / Render)用の 「Artlantis Exportアドオン」がインストールされています。 しかし、アドオンが更新された場合には、新しいバージョンのアドオンをインストールすることをお勧めいたします。

Artlantisアドオン・アップデート 詳細≫