LIXIL ARCHICAD BIMデータ

「LIXIL ARCHICAD BIMデータ」は、ARCHICADで使用できる LIXIL商品の GDLオブジェクト です。

LIXIL ARCHICAD BIMデータ

LIXIL Exterior BIM Promotion Movie

LIXIL社ウェブサイトより

LIXIL 公共エクステリア商品のBIM建材データを紹介します。BIMデータ保有数 最大のLIXILエクステリアが、街をDesignしていきます。LIXILはBIM建材データを今後も充実させ、設計者様のご要望に応えていきます。

プロモーションムービーの視聴はこちら

LIXIL ARCHICAD BIMデータビデオ

エクステリア

LIXILのエクステリア商品の中から主要な商品をセレクトし制作したオブジェクトを公開しています。 オブジェクトの属性情報には、「カラー」や「サイズ」、「オプション」などの情報が設定されており、配置する仕様に応じて変更することが可能です。 図面作成からBIMモデルによる干渉チェックがおこなえる設計ツールとして、ご活用ください。
 

作成バージョン

ARCHICAD17

ダウンロード

LIXIL ARCHICAD BIMデータ
エクステリア 第1弾

下記第3弾に含まれております。

LIXIL ARCHICAD BIMデータ
エクステリア 第2弾

LIXIL ARCHICAD BIMデータ
エクステリア 第3弾
第1弾、第2弾分を含みます

ダウンロード入力項目あり

詳しくはこちらのPDFをご覧ください。

設備

LIXIL商品の中から主要な商品をセレクトし制作したオブジェクトを公開しています。 オブジェクトの属性情報には、負荷単位や備品情報、消耗品情報を記載しています。また、複合的な商品については、最少設置スペースにより設計者の負担を軽減する工夫をおこなっています。 図面作成からBIMモデルによる干渉チェックがおこなえる設計ツールとして、ご活用ください。

作成バージョン

ARCHICAD19

ダウンロード

LIXIL ARCHICAD BIMデータ
設備 第1弾

ダウンロード入力項目あり

LIXIL ARCHICAD BIMデータ
設備 第2弾

ダウンロード入力項目あり

LIXIL ARCHICAD BIMデータ
設備 第3弾

ダウンロード入力項目あり

LIXIL ARCHICAD BIMデータ
設備 第4弾

ダウンロード入力項目あり

詳しくはこちらのPDFをご覧ください。

ライブラリ追加方法:

ダウンロードしたオブジェクトを、ご利用のARCHICADが参照可能な任意のフォルダに配置ください。チームワークで使用する場合は、BIMサーバーもしくはBIMcloud上のBIMサーバーライブラリにアップロードください。

【ARCHICADの単独プロジェクトにライブラリを追加する場合の手順】

  1. ARCHICADを起動し、単独プロジェクトもしくは既存プロジェクトを起動します。
  2. ライブラリマネージャーを起動します。[ファイル]>[ライブラリとオブジェクト]>[ライブラリマネージャー]
  3. [追加]ボタンをクリックし、任意の場所に配置したオブジェクトを追加します。

【BIMサーバーもしくはBIMcloudに追加する場合の手順】

  1. ARCHICADを起動します。
  2. BIMcloud/BIM Serverライブラリ管理を起動します。[ファイル]>[ライブラリとオブジェクト]>[BIMcolud/BIMServerライブラリ管理]
  3. アップロード]ボタンをクリックし、ダウンロードしたオブジェクトを追加します。

オブジェクト配置方法:

ライブラリマネージャーにオブジェクトをロード後、配置したいオブジェクトを選択ください。

オブジェクトの配置方法

株式会社LIXIL  ビジネス情報サイトについて

LIXILビジネス情報サイトでは、BIMデータだけでなく、最新の新商品情報や豊富な施工事例、さらには設計に役立つ建築や街づくりのコラム、国策や法令関連の情報も掲載しています。
LIXILビジネス情報サイト