GRAPHISOFT BIMxがAppleのApp Storeで10万ダウンロードを突破!

さらに新機能を搭載した最新バージョンをリリース

BIMxアプリのApp Storeにおけるダウンロードが10万を突破しました。さらにGRAPHISOFTは本日、BIMプロジェクトにおける最先端のコミュニケーション/プレゼンテーションを提供するBIMxの無償アップグレードを発表しました。

BIMx は、オーサリングソフトウェアの商用版ライセンスを必要とせず、BIMモデルをインタラクティブな環境で自由にウォークスルーすることを可能にします。ARCHICADユーザーはBIMxを使ってPC(Win/Mac)、iOS、Androidデバイス用にBIMxモデルを書き出すことが可能となり、ライセンスを所有していない発注者、クライアント、オーナーにBIMモデルを簡単に共有することができます。

BIMx for iOS、Androidデバイス
BIMxの最新バージョンには以下の新機能が追加されました。

最新バージョンは、iOSとAndroidを含むすべてのプラットフォームでご利用頂けます。

BIMxコミュニティ

Facebookに統合されたBIMxコミュニティは、インタラクティブな3D建物モデルを共有するための中心的な存在となります。BIMxの商用版または教育版ライセンスを保有していれば、このオンラインコミュニティに直接モデルを書き出すことができます。コメントや「いいね」などのFacebookの標準機能は、モデルのフィルタリング用としてカスタマイズされています。BIMxモデルの作成者が実務者あるいは学生であるか、また、キーワード、ユーザー名、建築家名、クライアント名などで検索することができます。Facebookを使用していないユーザーでもBIMxモデルをブラウズ、アップロード、ダウンロードすることができます。「いいね!」や「コメント」などの機能のみFacebookへログインする必要があります。