BIM導入トレーニングプログラム「ARCHICAD JUMP!」を開始

3次元オブジェクト指向の建築向けCADを開発・発売するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、2013年4月9日(火)、BIM導入トレーニングプログラムとして『ARCHICAD JUMP!』を開始することを発表いたしました。初回のトレーニングは、4月22日(月)-23日(火)に東京 グラフィソフト スクールルームにて実施いたします。

BIMも近年では多くの企業で実施されています。しかしその多くは、BIMプロジェクトの各段階で検討が必要なモデル作成における課題に直面しています。 
この課題に対し、これまでのサポートのノウハウをベースに、ARCHICAD導入から詳細な図書の出力、作業環境の設定までのワークフローを各段階に習得できるBIM導入トレーニングプログラムとして、『ARCHICAD JUMP!』を実施することといたしました。このプログラムは、「JUMP 1:基本操作編」「JUMP 2:モデル詳細化・図書作成編」「JUMP 3:環境設定構築編」の3段階に分かれ、ARCHICADを実務(主として設計業務)において効率的かつ効果的に使うことを目的として、モデルベースのワークフローへの移行プロセスに役立つよう、各段階に応じたテキストに沿った講習が準備されています。また、それぞれのステップにおいて、ARCHICADの習得状況を確認できるスキルチェックシートが準備されており、基礎知識および操作知識の社内標準化を行うことが可能となっています。 
尚、初回の講習会は、4月22日(月)、23日(火)に、東京グラフィソフトスクールにて「JUMP 1」から開始いたします。「JUMP 2」「JUMP 3」、または大阪会場でのスケジュールは、順次WEBにて公開いたします。

 

ARCHICAD JUMP!の詳細>>