GRAPHISOFT ArchiCADがIFC Coordination View2.0インポートの認定を取得

ブダペスト、2013年9月27日- GRAPHISOFTはIFC Coordination View 2.0インポートが認定され、Open BIMのサポートにおける、さらなる発展が実現されたことを発表しました。 これにより、意匠設計分野のソフトウェアにおいて、唯一ArchiCADがIFC Coordination View 2.0のインポートおよびエクスポートの認定を取得したことになります。

Coordination ViewはbuildingSMARTによって開発された最初のモデルビュー定義であり、IFCスキームのビューとして最も広く利用されています。Coordination Viewの主な目的は、意匠、構造、設備等の分野間の建物情報モデルの共有を可能にすることです。Coordination Viewには、これらの分野間で設計情報を調整するために必要とされる、建物、空間構造、設備の定義が含まれます。IFC2x3 Coordination ViewはArchiCADでデフォルトで標準装備としてサポートされています。

 

IFC2x3 Coordination View V2.0認定プロセスへの参加リスト、現在の状況についての詳細はこちら>>

IFC Coordination View 2.0 Certification

 

グラフィソフトについて

グラフィソフト(本社:ハンガリー、ブダペスト)はバーチャル ビルディングTMソリューション開発のパイオニアでありリーダーです。建設業界における3次元モデルベースのソフトウェアとサービスでは、世界トップのベンダーと認められている。

グラフィソフトジャパンについて

グラフィソフトジャパン株式会社は、建築家のための業界初となるBIMソフトウェアArchiCAD®を提供するGRAPHISOFT® SEの日本法人。GRAPHISOFT® SEは2007年、Nemetschekのグループ会社となる。過去3年間、グラフィソフトジャパンは急激な成長を遂げ、顧客には大手ゼネコン、設計事務所等を持ち、日本でも有数のBIMソリューションプロバイダと認められている。

プレスリリースに関するお問い合わせ先

グラフィソフトジャパン株式会社
マーケティング担当:平野・大塚
〒107-0052
東京都港区赤坂3-2-12赤坂ノアビル4階
tel: 03-5545-3800