Build Sydney Live 2013で、ARCHICADチームがアワードを受賞

先日開催されたBuild Sydney Liveのイベントで、ARCHICADを使用された大林組とオーストラリアのRice Daubneyの連合チームが「BEST USE OF BIM FOR DESIGN, DRAMA, AND EXCITEMENT」のアワードを受賞しました。

Build Sydney Live 2013 © Rice Daubney & Obayashi Corp. Build Sydney Live 2013 © Rice Daubney & Obayashi Corp.

Build Sydney Liveは、48時間で行われるイベントで、世界中からチームが参加しました。指定プロジェクトはダーリングハーバーライブプロジェクトの19ヘクタールの敷地に、シドニーの新しい国際コンベンションセンターを設計することでした。10月28日~30日に開催されたBuild Sydney Liveは、グローバルなコラボレーションを推進するOpenBIMイベントとして開催されるBuild Liveの第5回目の開催となり、19チーム、40カ国以上の参加者が競いました。

「Build Sydney Live 2013はRice Daubneyにとって、大林組と共に協力し、48時間でBIMを完成させるというのは素晴らしい機会でした。もちろん、体力は必要でしたが、非常にエキサイティングで、アワードを受賞することができて大変光栄です」(Rice Daubneyのダレン・ティムズ氏)

Build Sydney Live 2013 © Rice Daubney & Obayashi Corp. Build Sydney Live 2013 © Rice Daubney & Obayashi Corp.

設計とプレゼンテーション資料には厳しい要件が求められました。(概要

「アワードを獲得したことで、チームワーク機能が、48時間の集中的なアクセスでインターナショナルなコラボレーションを可能にすることが証明されました。この経験がグローバル市場における事業拡大につながることを期待しています。」(大林組 近藤氏)

グラフィソフトについて

グラフィソフト(本社:ハンガリー、ブダペスト)はバーチャル ビルディング™ソリューション開発のパイオニアでありリーダーです。建設業界における3次元モデルベースのソフトウェアとサービスでは、世界トップのベンダーと認められている。

グラフィソフトジャパンについて

グラフィソフトジャパン株式会社は、建築家のための業界初となるBIMソフトウェアARCHICAD®を提供するGRAPHISOFT® SEの日本法人。GRAPHISOFT® SEは2007年、Nemetschekのグループ会社となる。過去3年間、グラフィソフトジャパンは急激な成長を遂げ、顧客には大手ゼネコン、設計事務所等を持ち、日本でも有数のBIMソリューションプロバイダと認められている。

リリースに関するお問い合わせ先

グラフィソフトジャパン株式会社
マーケティング担当:平野・大塚
〒107-0052
東京都港区赤坂3-2-12赤坂ノアビル4階
tel: 03-5545-3800