Solibri Model Checker v9.5 日本語版をリリース

3次元オブジェクト指向の建築向けCADを開発・発売するグラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、フィンランドのSolibri社が開発・販売する『Solibri Model Cheker V9.5の日本語版』を、2014年12月22日(月)にリリースいたしました。なお、既にサブスクリプションサービスにご加入中のお客様は、最新バージョンを無料でご利用いただけます。

日本から高い要望をいただき、設備要素が梁の貫通許可範囲を正しく通過しているかを確認する新ルールテンプレート「梁貫通許可範囲の干渉 #233」を新しく搭載し、さらに高度なルールチェックが可能になりました。また今回のバージョンアップでは数々のルールセットで要素指定のためのフィルタ機能を搭載し、対象要素の絞り込みをより簡単に、より正確に行えるようになりました。コミュニケーションに関しましては複数の案件に関連するスライドの同時作成や、1つの要素の関連する問題を情報ビューでリスト表示されるなど、問題箇所の処理をよりスムーズにしました。

v9.5新機能

  • 新ルールの開発
  • 既存ルールに機能追加
  • 確認プロセスの向上-ユーザーエクスペリエンス
  • 分類の機能向上
  • 情報の取り出しの向上
  • BCF 開発
  • BCF コネクターエクステンション
  • SMART Board エクステンション
  • その他
新機能について、詳しくはこちら

Solibri Model Checker v9.5はSolibri Solution Center製品ビューからダウンロードできます。
ダウンロードはこちら:https://solution.solibri.com

<注意事項>

Solibri社について

Solibri社は、BIMの品質保証と品質管理における業界大手企業であり、BIM検証、法令規則管理、設計プロセスの調整、デザインのレビュー、解析およびコードチェックのために簡単に使用できるツールを提供しています。Solibri社の企業理念は、BIMによる設計の質を改善し、より生産的かつ費用対効果の高い品質管理ソリューションを開発し、市場に提供することです。 Solibri社は世界70カ国以上で、主要な建築物オーナーや、建設会社、建築家やエンジニア企業の顧客と取引を行っています。

グラフィソフトジャパンについて

グラフィソフトジャパン株式会社は世界第2位の建築CAD市場である日本の東京において、1994年に設立されました。日本の建築産業においての慣例の採用、および大手建設会社、CADソフトウェア販売店との戦略的提携により、飛躍的な成功をおさめています。

リリースに関するお問い合わせ先

グラフィソフトジャパン株式会社
マーケティング担当:平野・神原
〒107-0052
東京都港区赤坂3-2-12赤坂ノアビル4階
tel: 03-5545-3800