ARCHICAD BIM事例レポート デザイン・設計事務所

株式会社 カクオ・アーキテクト・オフィス

ARCHICAD でアナログとデジタルを融合
独自の3D 設計スタイルをいち早く確立

京都市のカクオ・アーキテクト・オフィスは、建築家 松村佳久男氏が主宰する一級建築士事務所である。所員5名のアトリエ系建築設計事務所ながらフィールドは広汎で、個人住宅から集合住宅、店舗、各種企業施設にショールーム、医院、旅館等々多彩な建築物を手がけ、国内のみならず海外プロジェクトまで手がけている。そして、同社のこのパワフルな活動を支えるのが、ARCHICAD と Artlantis による3次元設計だ。その広汎な活用ぶりについて、代表の松村氏と 小嶌氏に伺った。
Read More...

株式会社 カクオ・アーキテクト・オフィス

Photo:下村写真事務所:下村康典

池田建築設計

基本設計から実施設計までBIM をフル活用!
インテリア設計で活かすARCHICAD の実力

池田建築設計は、建築家 池田暢一郎氏が主宰する建築設計事務所である。ファサードやインテリアなどデザインに特化した設計を得意とし、商業建築を中心に豊富な実績を蓄積する同社は、特にディティールまで踏み込んで作り込む独自の「デザイン・デベロップメント」の設計手法でも注目されている。2015年、池田氏は ARCHICAD を導入しBIM の本格運用を開始した。その最新成果となる「伊東屋」リニューアルプロジェクト例を中心に、BIM 活用の狙いと背景について池田氏とパートナーの横山氏に伺った。
Read More...

池田建築設計

写真:梶原敏英

株式会社エスエヌジーデザイン

BIM をフル活用し独自の構造デザインでつくる
「スーパーモデルのような骨格」を持つ建築

沖縄県名護市のエスエヌジーデザインは、建築家末松信吾氏が主宰する一級建築士事務所である。沖縄を中心に住宅や商店建築、公共建築など、多彩な物件に取組む末松氏は、構造設計の技術を活かした構造デザインを得意とする建築家だ。確かな技術に裏付けられ、大胆かつユニークなアイデアにあふれた作品群は内外から高く評価されている。そんな末松氏が近年特に力を入れているのが、ARCHICAD を核にしたBIM の活用である。そんな末松氏に建築家にとってのBIM のメリットについて伺った。
Read More...

株式会社エスエヌジーデザイン

株式会社 一粒社ヴォーリズ建築事務所

ARCHICAD を実施設計までトータルに活用
BIM によるフロントローディングの効果を実感

一粒社ヴォーリズ建築事務所は、明治から昭和にかけて日本各地で多くの洋風建築を手がけた建築家 W・M・ヴォーリズが創設した、伝統ある設計事務所である。キリスト教精神を重んじたヴォーリズの意志を継ぎ、特に教会やミッションスクール、住宅などの建築設計を得意としている。2012年に ARCHICAD を導入し BIM の活用を開始した同社では、現在、計画段階から実施設計までトータルに BIM を用いた2つ目の案件を進めている。特殊な工法を用いたこの挑戦的なプロジェクトについて、本社設計室の岡野氏、萩野氏、白水氏に伺った。
Read More...

株式会社 一粒社ヴォーリズ建築事務所

株式会社おおみ設計

ARCHICAD をSolo 版からレギュラー版へ!
チームワーク機能を活かしBIM 設計を実現

富山県砺波市のおおみ設計は、建築家 近江美郎氏が主宰する一級建築士事務所である。代表の近江氏は、日本建築家協会北陸支部長や本部理事、富山県設計監理組合理事などを歴任する富山県建築士業界の重鎮の1人であり、そんな同氏が率いるおおみ設計は、高い技術とチャレンジ精神で知られている。CAD 化や3次元の活用も地域に先駆けていち早く挑戦し、5年前にはARCHICAD を導入。BIM への挑戦もすでに開始している。ここではそのBIM 活用の現状と今後の展開について、近江代表とご子息の近江清志氏に話を伺った。
Read More...

株式会社おおみ設計

株式会社Arch5

ARCHICAD で意匠、構造、設備の設計を統合
2次元 CAD を使わない Arch5 の BIM 活用戦略

東京・外神田の建築設計事務所、Arch5 では、設計や図面の作成には2次元 CAD は使わず、ARCHICAD など の BIM (ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトだけを使っている。BIM モデルによって意匠、構造、 設備の設計を統合し、積算などの作業を効率化し、遠隔地の事務所と連携するといった BIM による生産性向上を 実践している。
Read More...

株式会社Arch5

株式会社メドックス

設計者が ARCHICAD & BIMx を駆使
大人数にも確実に伝わるプレゼンテーション

東京都新宿区に本社を置くメドックスは、医療・福祉施設の建築物を専門とする設計集団である。医療分野のプロとして豊富な実績を蓄積し、北海道から沖縄まで全国にわたる広汎なフィールドに展開している。少数精鋭ながら大手ゼネコンとも互角にわたり合って確固たる地位を築いてきた同社を支えるのが、医療分野に特化した専門知識とノウハウ、そして ARCHICAD と BIMx を駆使する強力な提案力だ。そんなプロ集団の企業戦略と ARCHICAD 活用法について、社長の中田氏と設計部の佐藤氏・大塚氏にお話を伺った。
Read More...

株式会社メドックス

一宇一級建築士事務所

軍艦島を 3D モデル化した先駆者が選ぶ
いま最も優れたコミュニケーションツール

長崎県長崎市の一宇一級建築士事務所は、建築家・中村享一氏が主宰するアトリエ設計事務所である。建築業界で40年以上のキャリアを持つ同氏は、建築家として多彩な建築設計や都市計画を手がける一方、歴史的建造物の存続・再生活動にも力を注ぎ、世界文化遺産となった「軍艦島」のフル3D モデル制作等でも知られている。そんな中村氏は、最初期から 3DCAD を活用してきた 3DCAD 活用の先駆者でもある。あらゆる建築系3DCAD を使ってきた同氏が行き着いた「ARCHICAD」 の魅力についてお話を伺った。
Read More...

一宇一級建築士事務所

有限会社アーバンビジョン建築事務所

ARCHICAD を核に品質&効率を高レベルで両立
医療系の建築設計で地域を代表する存在へ

大分市のアーバンビジョン建築事務所は、クリニックや歯科医院など医療関連の建築設計に豊富な実績を持つ一級建築士事務所である。同社は早い時期から設計業務のデジタル化に取り組み、3次元化についてもいち早く ARCHICAD を導入。医療分野ならではの高度かつ多彩なニーズに応えながら大分・福岡・熊本の3県に展開し、いまや医療系に特化した設計事務所として地域を代表する1社となっている。そんな同社の高品質かつ高効率な設計実務を支える ARCHICAD の活用法について、代表の宮﨑隆博氏に伺った。
Read More...

有限会社アーバンビジョン建築事務所

株式会社ixrea

建築設計の全てで生産性とクオリティを向上
ARCHICAD を核に「勝つため」のBIM 設計を

鹿児島市に本社を置くixrea は、新進気鋭の建築士 吉田浩司氏が主宰する一級建築士事務所である。2013年に設立された若いアトリエだが、所長以下2名という少数精鋭ながら、すでに集合住宅を中心に数十棟の建築設計を手がけるなど、傑出した生産性の高さとクオリティで地元の注目を集めている。そして、そんな同社の原動力の1つが、設立当初より導入・活用しているARCHICAD によるBIM 設計の展開である。BIM導 入の背景と具体的な活用法について、同社代表の吉田浩司氏にお話を伺った。
Read More...

株式会社ixrea

栗林賢次建築研究所

ARCHICAD を核に新人を即戦力に育成
若者が育つ&活躍するアトリエ事務所へ

大阪市の栗林賢次建築研究所は、建築家 栗林賢次氏が主宰する建築設計事務所である。設立以来20年余の歴史を持つ同建築研究所は、その長い歴史のほとんどを栗林氏とアシスタント1名によるアトリエ事務所スタイルで運営してきた。しかし現在地に移転後、わずか2年余で新たに所員3名が加わり、住宅分野を中心にこれまでにない活発な活動を開始しているその原動力となっているのが、事務所移転と同時に導入したARCHICAD の活用である。その導入背景と活用法について、栗林所長と所員の皆さんに伺った。
Read More...

栗林賢次建築研究所

株式会社 大澤設計事務所

BIM を活かし、設計者としてできる全てを
小規模事務所が進める新・業務効率化戦略

福井県福井市にオフィスを置く大澤設計事務所は、一級建築士の大澤宏輝氏が主宰する建築設計事務所である。2007年に設立され8年目を迎えた同事務所は、医療福祉関係を中心に幅広い建築の設計・監理を手がけ、着実な成長を続けている。だが、その一方で2次元CAD による設計業務の展開に限界を感じていた大澤氏は、設計事務所として次なる一歩を踏み出すべく、BIM への展開も視野に入れた3次元CAD の導入を開始した。その背景と狙いについて、大澤氏とスタッフの皆さんにお話を伺った。
Read More...

株式会社 大澤設計事務所

一級建築士事務所
アトリエけい

高品質BIM モデルをスピーディに仕上げフル活用
速さと品質を両立させた木造住宅設計の新たな形

鎌倉市のアトリエけいは木造住宅を得意とする一級建築士事務所。主宰の加藤氏は、建築家としてデビュー当初からARCHICAD を使い、圧倒的なスピードとクオリティで、多くの施主の信頼を集めている。木造住宅ならではの3次元活用法について加藤氏にうかがった。
Read More...

一級建築士事務所 アトリエけい

一級建築士事務所
エイチ・アーキテクツ

天空率からプラン、モデル、構造、全ての図面までフルBIMでつくる変形敷地の木造3階建て住宅

BIMの活用と言えばゼネコンなど大手企業のプロジェクトを連想しがちだが、近年は個人事務所の設計者が戸建て住宅にBIMを利用するケースも増えている。東京新宿区のエイチ・アーキテクツは設立2年目の一級建築士事務所である。代表の橋本啓太氏は独立を機にARCHICADを導入し、新事務所での初仕事として木造3階建て個人住宅の設計を受注。ARCHICADによるBIMをフル活用し、見事にこれを成功させた。大きな成果を上げたBIM初挑戦の詳細について、橋本氏にうかがった。
Read More...

一級建築士事務所 エイチ・アーキテクツ

株式会社エー・エム・エーデザイン建築設計事務所

ARCHICAD「 エネルギー評価」機能がアトリエ事務所に新たな武器をもたらす

横浜市のa.m.a designは一級建築士の朝倉元氏・美穂氏夫妻が主宰する建築設計事務所である。ご夫妻のほかスタッフ3名という小規模の事務所ながら東北から九州まで広汎なフィールドに展開し、年間約6棟の注文住宅の設計・監理を行なっている。このパワフルな活動を可能にしているのが、夫妻の息の合ったチームワークとARCHICADによる3次元設計である。今回、ご夫妻はARCHICAD17 内蔵の「エネルギー評価」機能に取り組んだ。早速その狙いと背景についてお話しを伺った。
Read More...

株式会社エー・エム・エーデザイン建築設計事務所

有限会社 吉田建築設計・計画事務所

小さい事務所ほど3次元の導入効果は大きい
実施設計からチャレンジした初めてのBIM

盛岡市の吉田建築設計・計画事務所(以下 吉田建築設計)は、一級建築士の吉田宏民氏が主宰する設計事務所である。設立こそ2009年と新しいが、代表の吉田氏は建築設計者として東京・盛岡で25年余のキャリアを持つベテラン建築家だ。独立前は2次元CADユーザだった吉田氏は、事務所設立を機にARCHICADを導入し、本格的な3次元設計への展開を開始した。設立5年目となる現在では、すでに基本計画から実施設計に至るBIMを実践しているという。その背景と狙いについて、吉田氏に伺った。
Read More...

有限会社 吉田建築設計・計画事務所

三浦設計

“設計ツールとしてのARCHICAD”を核に進む小規模事務所ならではの設計イノベーション

夕日の美しさで知られる日本最西端の町、長崎市野母町。この町に拠点を置く三浦設計は、一級建築士 三浦豪介氏が主宰する個人設計事務所である。野母を愛しこの土地にこだわる三浦氏は個人住宅の設計を得意とし、施主の思いに的確に応えながら土地の気候風土を巧みに生かした家づくりで知られている。そんな同氏のクリエイティブワークを幅広くサポートしているのがARCHICADだ。小規模事務所にとってそれは最強のツールだ、と断言する三浦氏にARCHICADの活用法について伺った。
Read More...

三浦設計

株式会社 AMD

まず空間認識させ、ストーリーを伝える――中国市場を勝ちぬく新プレゼンテーション術

AMDは、インテリアデザインの世界で30年余のキャリアをもつ中藏俊明氏が率いるデザイン事務所。特に中国などアジア圏をフィールドに、各種商業施設のブランディングからコンサルテーション、デザインワークまでトータルなデザインサービスを提供している。文字通り世界のデザイン会社としのぎを削る同社の一番の武器は、マーケティングに基づいた高度なクリエイティブと、ARCHICADを駆使した強力な提案力である。世界を舞台とする同社ならではのARCHICAD活用法について中藏氏に伺った。
Read More...

株式会社 AMD

田原泰浩建築設計事務所

ARCHICADによるBIM設計を新たな武器に
新世代の“広島派”トレンドを創りだす

田原泰浩建築設計事務所は、一級建築士の田原泰浩氏が率いる設立6年目の若い設計事務所である。同事務所がオフィスを置く広島は、「広島派」と呼ばれる著名建築家を多数輩出し、現在も多くのアトリエ系事務所が競争している。あえてそんな広島を選んでオフィスを開設した田原氏だが、いまやスタッフ2人を加え、着実な成長を続けている。その原動力となっているのが、田原氏が駆使するARCHICADによる新たなBIMの展開だ。アトリエ事務所ならではのBIM活用法について田原氏に伺った。
Read More...

田原泰浩建築設計事務所

キューブデザイン

ARCHICADによるプロモーション力を活かし
倍々ゲームで成長する新タイプ設計事務所

キューブデザインは、一級建築士・弦巻大輔氏が率いる建築設計事務所である。住宅、店舗を中心に企画、設計、施工管理を行なう同社は、リーマンショック後の厳しい環境下でも一貫してハイペースの成長を続けてきた。その原動力はクリエーションへの強いこだわりと、小規模事務所には珍しいプロモーション重視の戦略である。そして、それを支えるのがARCHICADによるビジュアライゼーションパワーだ。その具体的な活用法について、弦巻社長とARCHICADを担当する坪谷氏に伺った。
Read More...

キューブデザイン

atelier SWITCH 三協アルミ

メーカーがGDLで作る標準モデルが実現した大型木造建築の“内でも外でもない”軒下空間

京都市山科区の清水焼団地は「清水焼」をはじめ伝統工芸品を扱う作家や窯元約70軒余が軒を連ねる工業団地である。2013年、同団地では清水焼の魅力を国内外に発信する中枢として「清水焼の郷会館」を建設した。和の伝統を継ぐ木造2階建、400平米超の細部まで工夫を凝らした同会館は、ARCHICADでのBIM設計を活かしたユニークな取組みでも注目されている。この新たな取組みについて、企画・設計を担当したatelier SWITCHの完山剛氏と、これに協力した三協アルミの永井洋一氏に話を伺った。
Read More...

atelier SWITCH 三協アルミ

株式会社 横松建築設計事務所

ARCHICADで何処より早く顧客へアプローチ
独自の囲込み戦略で受注率を飛躍的に向上

BIMの普及が本格化しつつある建築業界においても、企画、設計だけでなく実施図面作成までフル活用している設計事務所は、一部の大手組織設計事務所をのぞけばまだ多いとは言えない。宇都宮市の横松建築設計事務所は所員7名の小規模事務所ながら、いち早く導入したARCHICADでBIMの活用を推進。圧倒的なスピードとクオリティで他社差別化を実現し、急ピッチで成長を続けている。自らARCHICADを駆使して事務所を率いる一級建築士、横松邦明氏にお話を伺った。
Read More...

株式会社 横松建築設計事務所

スパイラルデザイン株式会社

多角的な検証による"根拠あるプラン"で国際コンペティションを勝ち抜いたARCHICAD & BIMxプレゼンテーション

東京都渋谷区にあるスパイラルデザインは、クリエイター高橋武志氏が率いるデザイン事務所である。商業施設を中心とする建築の企画・設計から幅広い分野のデザイン業務に取り組む同社では、 設立当初からARCHICADをメインに企画設計の3次元化を積極的に進めてきた。その最新の成果が、中国における2件の大型プロジェクトでの成功である。ARCHICADとBIMxをフルに活用して勝ち取った同案件について、代表の高橋氏とチーフデザイナーの大濱氏にお話しを伺った。
Read More...

スパイラルデザイン株式会社

株式会社 Arch 5

ARCHICADのTeamwork機能をフルに活かし、遠隔地の専門家と幅広くBIMネットワークを構築
小規模設計事務所が実現したBIM設計の未来型ビジネスモデル

Arch5は、建築家・小俣光一氏がBIMによる次世代建築を目指し、2010年に設立した建築設計事務所である。社内に設置したBIMサーバーとARCHICADの機能をフルに活かしながら、遠隔地の設計事務所やファブリケーター、さらには上海の設計事務所等との距離を超えたコラボレーションを実現。BIMの理想形を目指す挑戦を続けている。同社が考えるBIMと、そのメインツールであるARCHICADの活用について、代表の小俣氏とBIMマネージャーの東尾氏にお話しを伺った。
Read More...

株式会社 Arch 5

atelier wiz + 伊藤設計

ギリギリまで粘り、どこまでも高品質を追求
常にベストな提案を行うための3次元設計

名古屋市の「atelier wiz + 伊藤設計」は、一級建築士の伊藤彰朗氏が主宰する建築設計事務所である。個人住宅を中心にオフィスビルや店舗など幅広い建築物を手がけ、木造、RC、鉄骨等、あらゆる工法を駆使して柔軟に対応する。そんな同社は地域で最も早く3次元設計を導入した1社だ。現在ではほぼすべての物件についてARCHICADによる3次元設計を行っている。同社の代表である伊藤氏に、3次元設計活用の狙いとその背景についてお話しをうかがった。
Read More...

atelier wiz + 伊藤設計

アールテクニック一級建築士事務所
「Breeze」

高精度3Dシミュレーションで高いレベルで意匠と機能性を両立させた独創にして必然の"カタチ"

アールテクニックは建築家・井手孝太郎氏が率いる一級建築士事務所である。曲面を大胆に取り入れた個性豊かな建築で知られる井手氏は、「ARCHICAD15」のパッケージを彩った「SHELL」の設計者でもあり、ARCHICADユーザにもなじみの深い存在だ。この春竣工した集合住宅「Breeze(ブリーズ)」は井手氏の最新作。地上3階・地下1階建ての建物を、優美で力強い曲線の外壁が包み込むような特徴的フォルムで注目を集めている。建築設計のすべてにおいて、ARCHICADをフル活用したその取り組みについて、井手氏にお話しを伺った。
Read More...

アールテクニック一級建築士事務所

株式会社三谷建築工舎

初期設計プレゼンでBIMxをフル活用し、コンペティションの勝率を大きく向上。ARCHICADを核に進める"勝ち残り"戦略

大阪市の三谷建築工舎は、一級建築士・三谷シゲノブ氏が率いる建築工事会社である。グループ企業に一級建築士事務所の三谷建築研究所があり、両社が一体となって建築の企画・設計・施工をトータルに受注し、展開している。同社では2011年にARCHICADを導入して、初期設計とプレゼン用途で活用を開始。わずか一年余りで大きな成果を上げ始めている。今や同社の企業戦略において、最も重要な武器の一つとなったARCHICADの活用法について、三谷社長と設計担当の竹原氏にお話しを伺った。
Read More...

株式会社三谷建築工舎

有限会社オオハタ建築研究所

ARCHICADが持つ特性とBIMxを活用し
新たなコミュニケーションを確立新しい時代への柔軟な対応

石川県金沢市にあるオオハタ建築研究所は、公共建築、商店建築、宿泊施設、住宅などを手掛ける建築家 大畑清隆氏が主宰する一級建築士事務所である。コンピューターが普及し始めた当初より、その可能性を見出し、地域でも真っ先に2次元CADを導入した経験を持つ。その豊富な経験を基に、所長が自ら選んだのがグラフィソフト製品。発注者のニーズは3次元に移行すると考えた所長は、ARCHICADが持つ特性とBIMxを活用し、設計品質の向上を図っている。その狙いについて、大畑代表と浅野氏、千場氏の2名の所員の方に話を伺った。
Read More...

有限会社オオハタ建築研究所

アールテクニック一級建築士事務所
「Shell」

「CADはDesignをサポートするものであり、Draftingでは意味がない。」
3次元モデルでデザイン検討から設計変更までを実現

アールテクニックでは、ARCHICAD4の時代からARCHICADを利用し、これまで住宅設計を中心に、企画・基本設計から設計監理まで、数多くの物件を手掛けてきた。アールテクニック代表である井手氏は、CADはDesignであり、Draftingではない」という。数々の賞を受賞した「Shell」の設計を中心にお話しを伺った。
Read More...

アールテクニック一級建築士事務所

一級建築士事務所 カクオ・アーキテクト・オフィス

「見たことがないもの」への要求に対するチャレンジ
ARCHICADを使った合意形成の確立

カクオ・アーキテクト・オフィスでは、10の設計コンセプトをベースに、住宅、企業施設、店舗施設など、数多くの設計を手掛けている。2年前より3次元CADを導入し、このコンセプトに磨きをかける新たなる取り組みを開始した。このチャレンジについて、代表の松村氏と青嶋氏にお話を伺った。
Read More...

朝日ウッドテック レンダリングCG